中国貴州省とそこに住む少数民族の事を主に書いてます。また、希望工程を通して見た中国農村部の教育の現状や中国の農村の様子についても書いてます。


by sakaijiu1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

苗族の祭り

俗に「大節三六九,小節天天有」と中国語で言われるように少数民族が多く住む貴州省には年間を通して祭りが多いです。その意味するところは「貴州省には大規模な祭りは三月、六月、九月にあり、小規模な祭りは毎日のようにある」と言った感じでしょうか。(注:祭りの行われる日時は農業暦です)

「苗族婦女服装研究」(貴州民族出版社・席克定著)という本の付録には貴州省で行われる苗族の祭りの一覧表が載っています。苗族だけでも年間で約100の祭りがあるとの事で、その祭りが行われる場所、日時、内容などについて詳しく記載されています。もっとも百近く祭りがあると言っても苗族は百苗といわれるほど支族が多いので、その支族が行う祭りも数えた数字です。貴州には「三里不同風、十里不同俗」というような言い方もあるので同じ苗族の祭りでも地域により少しづつ違うようです。

毎年3月15日から17日までの3日間にわたり行われる苗族の「姉妹節」は苗族の祭りの中でも特に有名ですが、清水江流域の施洞鎮で行われる「姉妹節」にはここ数年多くの観光客が殺到しているようです。今年の「姉妹節」は時期的には大変いい時に行われるのでより多くの人が観光に来そうです。ただし、その祭りの内容を見ると以前とは大分違ったものになっているようですし、新しい趣向も取り入れられているようです。

「剣河」などで行われる苗族の姉妹節の方は観光客も少なく、より伝統的な祭りの形が依然として残されているようです。夜には「遊方」も行われるそうで、今では姉妹節の時に「遊方」が行われる地域は減っているようです。

以前施洞鎮に行った時、祭りのときは施洞鎮には宿泊施設も少ないので宿代は3倍から4倍になると話してました。今年の姉妹節は、その行われる時期もよいので施洞鎮の姉妹節に大変な数の観光客が殺到しそうです。

祭りの行われる時期は農業暦で書いてありますが、中国の中央テレビの午後7時のニュースなどが始まる時には今日は農業暦の何月何日であると言います。また、以前と比べ少なくなりましたが新聞などにも農業暦が併記してある場合も多いです。なお今年の「春節」遅い方で2月14日です。報道によれば一部の地域では「農民工」の帰郷も始まったそうです。因みに昨年は1月26日。
[PR]
by sakaijiu1 | 2010-01-23 03:38 | 苗族と祭り