中国貴州省とそこに住む少数民族の事を主に書いてます。また、希望工程を通して見た中国農村部の教育の現状や中国の農村の様子についても書いてます。


by sakaijiu1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

革家族

貴州省の少数民族苗族に属する革家族という呼ばれる人達が居ます。貴州省黄平県を中心とした地域に約4万人位すんで居るそうです。

「神秘中国」(王 新建主編)という本の中に、この革家族について大変興味深い記述があります。
中国の伝説上の時代である「尭帝」の時代には、天上に10個の太陽が突然現れた時、翠という英雄が現れ、得意の弓で9個の太陽を射落とし国を救ったという伝話があるそうです。

革家族にもこれと同じような伝説があるとの事。ただし革家族は天上に現れた太陽は7個だそうです。革家族は弓矢を崇拝する習慣があるそうで家にはその弓矢を祭ってあるそうです。また、革家族のロウケツ染めは太陽が中心としてデザインされ、太陽と赤い弓と白い弓矢を描いてあるそうです。

革家族の家には紅白の弓矢を祭る習慣があり、帽子には白い弓を象徴する物がついています。
そのような事から、この本の中では著者は革家族は翠の後裔ではないのかという説を唱えています。

中国貴州省凱里から黄平県。バスで約2時間。黄平県から楓香塞までタクシーやバスを乗り継ぎ約一時間。その後バイクで30分。徒歩で2時間。


革家族の帽子は太陽を表しているとの事で帽刺してあり、白いものが矢。



f0141553_20359.jpg


黄平県の街で見かけた革家族。この人達の服装は既婚者。 

f0141553_2004786.jpg

[PR]
by sakaijiu1 | 2008-01-19 20:06 | 貴州省と少数民族