中国貴州省とそこに住む少数民族の事を主に書いてます。また、希望工程を通して見た中国農村部の教育の現状や中国の農村の様子についても書いてます。


by sakaijiu1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

再び革家族について

革家族は現在貴州省黄平県に最も多くすんでいるそうでが、「頭戴太陽的土民」 絜平著という本は、黄平県の革家族について書いたものです。

その本の中に大変興味ある記述があります。1949年の新中国成立以来多くの専門家が黄平県を訪れ革家族の歴史や生活を研究しその成果を発表したそうです。

なかでも1950年に黄平県を調査した中国の著名な社会学者・民俗学者である費孝通教授は「革家族は一つの民族である」との見解を述べたそうです。「革家族は苗族でなく、別の一つの民族である」と。

それまでは、革家族は苗族の一支族とされていた。費孝通教授以外にも遼族の末裔であるとの見解を示す人も多く革家族は現在中国で認定されている55の少数民族には属さない別な民族だとと主張する人も多いそうです。 

革家族がまったく新しい民族と認定される日が来るかもしれません。


革家族の村と家 若い人は広州など沿海地方に出稼ぎに行く

f0141553_1562012.jpg


革家族は稲作民族で、田植えを手伝う子供達。村で見かける人はお年寄りと子供だけでした

f0141553_15112068.jpg

[PR]
by sakaijiu1 | 2008-01-24 15:19 | 貴州省と少数民族