中国貴州省とそこに住む少数民族の事を主に書いてます。また、希望工程を通して見た中国農村部の教育の現状や中国の農村の様子についても書いてます。


by sakaijiu1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

小学校はいくらで出来るか?

ある農村の小学校とトイレ。左側の建物がトイレで、右側の建物は校舎でここで「学前班」の子供が授業を受けていた。
f0141553_23142232.jpg


中国の農村部で建てられている小学校は一校どのくらいの費用で建設されるでしょうか?

2000年頃の資料では小学校の建設費は一平方メートル400元から500元位のようです。更に安いところでは一平方メートル350元という資料もあります。以前にもこのブログでも書いたように農村部の小学校は、教室棟と別棟のトイレとテニスコート一面程度の運動場のみと言う場合がほとんどです。

03年に建設されたある小学校は、約570平方メートルの三階建ての教室棟、その内訳は9教室と3教室の弁公室となっています。それ以外は70平方メートルの広さの別棟のトイレ棟(平屋)。合計25万元です。
最近の校舎。立派な正門や塀がある場合が多い
f0141553_22562491.jpg


2000年に建設されたある小学校の場合は、建坪1000平方メートルで教室は12教室でそのほか弁公室で合計35万元、トイレ40平方メートルの広さで1.3万元、300平方メートルのグランド兼球技場1.5万元、その他2.7万元で総計40万元とあります。

もう一つの小学校の場合は、教室棟は三階建で、その内訳は教室は9教室、そのほかには、やはり弁公室が3教室(一教室の広さ22㎡)で建設費24万元、トイレやバスケットコート一面程度のグランドや正門や花壇などの付属施設の建設費14万元で合計38万元です。
トイレ棟は平屋だがタイル張りです。農村の小学校ではトイレは別棟にある場合が多い
f0141553_2362830.jpg


教室棟も各学年分の教室と3教室程の弁公室から出来ている場合がほとんどです。教室の広さも50㎡から40㎡まで幅があります。(日本の場合は規定があり確か約65㎡だったと思います。)
弁公室は、図書や資料がおいてある部屋や校長室謙職員室謙事務室や備品置き場という感じで利用されています。

日本の小学校のように音楽室、美術室、図書室などの特別教室はありません。会議室や職員室もありませんし、まして体育館などはありません。

中国の農村部では「学前班」と云って4歳児5歳児も同じ小学校棟で学んでいる事が多いです。
ただし日本の小学校と大きく違うのは場所により小学校でも寄宿舎がある場合もあるようです。中国農村部では遠くから学校に通う児童・生徒のため宿泊施設がある場合も多いです。

今回の四川大地震では。教育部の発表によると5月14日現在不完全な統計であるが6898間の教室が倒壊し(注:文川、北川は含まないとしています。文は氵あり)約6500名の児童生徒教師が死亡したと書いています。

その後、記者会見の場で記者がその後今回の地震でどのくらいの校舎が倒壊し、何名の児童・生徒が犠牲になったか聞いても正確な数字の発表はないようです。新しい数字については現在調査中として未だに発表がありません。

日本の新聞やテレビでは中国教育部の発表にある「6998間の小学校が倒壊した」という記事を6998棟が倒壊したと訳していますが、この場合は間を棟と訳すのはどうなのでしょうか?

私が見た限りではNHKの解説番組で元NHK中国総局の記者が「6998間」で何百棟と云っていたか忘れましたが、確か[6998間」をそのまま棟に訳さないで棟に換算しなおして言っていたような記憶があります。
[PR]
by sakaijiu1 | 2008-06-01 21:46 | 中国の農村と学校