中国貴州省とそこに住む少数民族の事を主に書いてます。また、希望工程を通して見た中国農村部の教育の現状や中国の農村の様子についても書いてます。


by sakaijiu1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:革家族について( 5 )

神棚(神龛)について

「头戴太阳的土民--黄平革家」によれば革家族の家には必ず神棚(中国語では神龛)があるそうです。また、「祖鼓」と言って家の代々の祖先の魂が宿る物を楓の木で作り家に祀るとの事。部屋の中には紅白で作った弓箭も飾るそうです。「寻找羿的后人」によれば神棚の上に紅白の弓箭を飾ると記述してあります。
家に祀ってあった神棚。私もこの2冊の本は、村へ行く前に目を通した訳では無かったので家を訪れた時にはあまり注意を払うことなくただ見ただけでしたが、、、「祖鼓」がどこにありますかと尋ねるだけの予備知識があった訳ではありません。
f0141553_2362534.jpg

f0141553_3282288.jpg

[PR]
by sakaijiu1 | 2009-11-18 03:05 | 革家族について
中国文聯出版社から出版された「头戴太阳的土民--黄平革家」と言う本があります。2004年に出版された本で貴州省黄平県に住む少数民族である革家人の歴史やその文化、習慣について書かれた本です。
革家人の場合銀飾りは、頭に着ける銀飾り、首に付ける銀飾り、手に着ける銀飾りの3種に分かれると書いてあります。(十一 銀飾り p49) 特に首飾りの場合には大きい田螺をかたどった物を身に付けるが、その大きい2つの田螺は互いに口を向けあっており、その意味するところは永遠に仲むつまじく、また永遠に分かれないことを象徴しているとの事。また、もう一つの大きい丸い輪の首飾りには、龍や魚、鳥と太陽、太陽を守る蜘蛛が刻印してあるとの事。また、間に見える銀の首飾りからは九種類の刀や矛、剣等の武器がぶら下げてあるがこのことは歴史上、革家人は大きな戦争を経てきた事と関係を示すものである等。かなり詳しく革家人が身に着けるその見事な銀飾りについて解説してあります。この写真を見ると革家人が盛装の際に身に着ける銀飾りの持つ意味が、よく理解出来ます。身に着ける銀飾りは未婚、既婚の区別はないようです。
田螺を表す銀飾りすぐ分かると思いますが、丸い銀飾りの下から一番長く下まで延びているのが九種類の武器を模した銀飾りです。この本によれば大きな耳飾りもするとの事でしたが、この時はしてませんでした。蚕の形をした耳飾りもあるとのことです。
f0141553_0471213.jpg

この人は既婚者ですが、首飾りに関しては違いはないようです。
f0141553_133938.jpg

楓香村の様子。革家人は稲作民族だそうで家の周りは田圃が多い。田では鯉などの魚も飼う。
f0141553_122576.jpg

[PR]
by sakaijiu1 | 2009-11-13 00:47 | 革家族について
苗族の一支族の革家人(注:家に人偏あり)の場合は未婚者と既婚者は身に着ける帽子により区別するようです。革家人の場合はかぶる帽子で未婚者か既婚者は分かります。
盛装した革家人の未婚の女性の服装。革家人の場合は、身に着ける帽子で未婚か既婚を区別している。
f0141553_2315421.jpg

革家人既婚者女性の盛装した服装。身に着けた帽子が違います。
f0141553_23265015.jpg

結婚した若い女性の服装ですが、こちらは盛装ではなく普段着。
f0141553_2331748.jpg

中国貴州黔東南州黄平県の楓香村は革家人の村です。ある農家の前で
f0141553_23431552.jpg

[PR]
by sakaijiu1 | 2009-11-09 23:43 | 革家族について
以前貴州省黔東苗族トン族自治州の黄平県に泊まった際、その宿泊した賓館で働いていた人が革家族の村の出身でした。それでその人にお願いして革家族が住む村、楓香村へ案内してもらいました。

旅行案内書で楓香村のことを知り、機会があれば是非一度その革家族の住む村=楓香村に行きたいと思っていたので、その人にお願いしてその村へ連れて行ってもらいました。

その楓香村は、中国貴州省でも最も多く革家族が住む村として有名なところで、約3000人の革家族が住んでいるそうです。この村に行くには、黄平県重安鎮からはバイクか歩きとなります。
重安鎮からバイクで約40分です。途中からはバイクも通らない道なので、歩きとなり徒歩で30分程で度村に到着します。料金は交渉次第ですが目安として20元から30元。歩く場合は、3時間ほどかかるそうです。

楓香村の様子。テレビのある家も多く、アンテナが見えます
f0141553_19301269.jpg

家の前で、盛装して。
f0141553_19305912.jpg

革家族も稲作民族で、私が訪れたときは田植えの最中でした。
f0141553_19364267.jpg


楓香村への行き方。凱里市から重安鎮までバスがあります。また、凱里市から黄平県行きバスに乗り重安鎮下車 約1時間30分。重安鎮からはバイク或いは徒歩。タクシーは道が悪いので楓香村には行きません。
[PR]
by sakaijiu1 | 2008-08-05 19:14 | 革家族について
革家族は現在の時点では「革家人」と呼ぶべきかも知れません。中国政府は現在の時点では、革家族はあくまで苗族の一支族という認識のようです。

少し古いのですが「太洋網」というネット版(2004-3-31付け)には、革家族はまだ識別の済んでいない民族に属すると書いています。また、現在中国に住んでいると言われる56の民族のどの民族にも属していないと書いています。

残念なことには、その根拠については書いてありません。なぜ苗族ではなく別の民族であるかその理由と根拠については何も書いてません。

百度中国語版で「革家族」を検索をすると、革家族の人達は自分達でも「私達は苗族ではなく、別の民族であると主張している人も多い」と書いてあるブログやHPも多いようです。

ただし、そのようは主張をする根拠について触れている人やHPは少ないようです。

以前にも書いたように「神秘中国」という本の中では「革家族」はスイ族の末裔ではないかとの説を唱えています。

1950年に黄平県を調査した中国の著名な社会学者・民俗学者である費孝通教授は「革家族は一つの民族である」との見解を述べたそうです。「革家族は苗族でなく、別の一つの民族である」との結論づけたようですが、残念ながら私もこの本はまだ見ていません。


革家族の衣装は色鮮やか 帽子に刺さっているのが矢を象徴している

f0141553_1415425.jpg



既婚者の衣装は違います。

f0141553_1433918.jpg

[PR]
by sakaijiu1 | 2008-02-17 01:45 | 革家族について