中国貴州省とそこに住む少数民族の事を主に書いてます。また、希望工程を通して見た中国農村部の教育の現状や中国の農村の様子についても書いてます。


by sakaijiu1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

回虫の話

貴州省のある大学で日本語教師(海外青年協力隊)として働いていた人が書いていたブログに、任期を終え日本に帰国して身体検査を受けたら回虫がいるとの検査結果が出た云々との記述がありました。日本では最近は回虫が発見されることはほとんど無いので、この方も健康診断の結果、回虫が発見されたということでかなりショックだったようです。

貴州省内の回虫に関する記事が、5月11日の中国広播网や貴州都市報などの電子版に掲載されています。

5月11日の貴州都市報によれば、貴州省内の回虫感染率は42.41%で、感染者は貴州省で1600万人にのぼり、中国全土で貴州省が一番感染率が高く、貴州省は全国平均の3倍の感染率だそうです。

農民や小中学生が回虫感染者の大半を占め、特に感染者の半分は小中学生だそうです。省都の貴陽市内の小中学校の児童生徒の感染率は7.68%で貴州省内のほかの地域と比べかなり少ないようです。

1991年に調査したときは「人体寄生虫病感染者」数は76.31%だったが今回は47.52%まで下がったとの記述もあります。

専門家は、回虫の感染率が高い地域では衛生教育に努め、衛生状態の改善や飲料水などの改善にも努力すべきだと指摘しています。また、14歳以下の児童には半年に一度、大便検査を行うべきと建議しています。

私が中国に語学留学していたのは1988年から1990年頃ですが、その頃は日本に帰国したら必ず回虫の検査は受けるように、留学生は注意していました。また、回虫駆除の薬を飲むよう注意をしてました。

私も今年中には貴州省に留学生として行く予定ですが、回虫感染率約42%という数字にはいささか驚いています。

そういえば、私が小学生の頃は年に一度検査が必ず行われていたように思いますが今はどうなんでしょうか?
[PR]
by sakaijiu1 | 2009-05-31 22:48 | 中国生活