人気ブログランキング |

中国貴州省とそこに住む少数民族の事を主に書いてます。また、希望工程を通して見た中国農村部の教育の現状や中国の農村の様子についても書いてます。


by sakaijiu1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

四川省と重慶市で先生がストライキ?

四川省内と直轄市重慶で9月末から、先生方が公務員と同じ待遇を求めてストライキを行っているようです。

重慶市のある区では、80校の先生約2000人が公務員と同じような待遇を求めストライキに入ったようです。(香港商報2008-10-23)中国の義務教育法では、教師の給料は公務員と同じか、それに準じると定められているものの四川省省内の教師の待遇は公務員の三分の一程度だそうです。

四川省の県郷レベルの場合、新任の先生で月額700元から800元。ストライキが行われているこの区内に勤務する勤続30年の先生で月額1382元。勤続20年の教師は1115元。勤続8年の先生の場合は、月額800元だが、勤務先の学校からでる補助・加算が1000元あるので月額1800元になるそうです。この加算も郷・鎮レベルの学校で全く付かない場合が多い。

この区の場合先生の給料は、高い人で年収が15000元で、低い人は年収6000元だそうです。ある資料によれば重慶市の労働者の平均年収は17940元で、市部の平均給料は月額19993元との事。

公務員の場合は、ボーナスが年額平均10000元(多い人は10万元!)支給され、さらに通勤手当、職務手当、家族手当などの各種手当が付くそうですが、先生にはそのような手当は無いそうです。重慶市の公務員には直轄手当なるものもあるようですが金額については不明。また、「下村補助」というのもあるそうですが、これは日本で言えば僻地手当みたいなものでしょうか

公務員と同等の待遇を求めストライキ中のようですが要求が通るまでストライキは中止しないとの事。記事によれば「消極的スト」というのもありこれは先生が教室には行くが授業をしないことのようです。生徒は自習となります。

重慶市内では11月3日にタクシーがストライキに入ったとの記事がありましたが、この先生のストに触発されたのかも知れません。こちらは一日で収束したようですが、、。

この先生のストライキは現在も続いているようですが、ストに関するネット上の書き込みはどんどん削除されるか、アクセスできない状態が続いています。

なお、蘇州のある学校でもストライキが行われたとの書き込みもありました。
南京市内のある高級教師の場合は、月額2001元で別に390元の手当が付いて月額2391元だそうです。その教師が住む所のマンションの値段は一平方メートル1万元で、60平方メートルの賃貸マンションは月額1500元で、盒飯(弁当)でも8元するとの事。なお、中国の場合高級教師と普通教師の区別があるようですが、その区別は良くわかりません。
by sakaijiu1 | 2008-11-10 17:55 | 中国の農村と学校