中国貴州省とそこに住む少数民族の事を主に書いてます。また、希望工程を通して見た中国農村部の教育の現状や中国の農村の様子についても書いてます。


by sakaijiu1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

農民工の帰郷

浙江省都市網や南方網などによると江蘇省南京駅、河南省鄭州駅、広東省広州駅などの駅では10月下旬から農民工の帰郷が連日続いているそうです。中国各地の駅では、特に11月に入ってからは大量の荷物を持った農民工の帰郷ラッシュで大変混雑しているとのこと。

浙江省都市網(2008-11-12)によれば今回の世界的な金融危機の影響が原因で大量の農民工の帰郷が続いており湖南省だけで来年まで約280万人の農民工が広東省など沿海部から湖南省に戻るだろうと予測しています。農民工が帰郷する理由は仕事が見つからないため。

11月13日の経済参考報電子版によればこの度の世界的金融危機の影響をうけ、中国沿海部の多くの輸出産業は生産停止や生産ラインの縮小、最悪の場合は倒産といった事態に追い込まれていると報じています。この結果多くの農民工が解雇され、新たな仕事を探しても不景気でなかなか見つからず、已む無く故郷に帰る人が多いそうです。現在中国では約2億人の農民工がいると言われ、農民の平均年収入の3分の1はこの出稼ぎによる収入とのこと。

今回の世界的金融危機は中国の輸出産業に大きな影響を与えているようで、その結果多くの農民工が職を失い帰郷する破目に陥っているようです。

以前貴州の農村部の小学校を訪ねたとき、先生はこの周辺の子供は中学校を卒業すると大半の子供達は中国沿海部に出稼ぎに行くと話してました。また、去年訪れた農村のある小学校では約半分が「「留守児童」で、先生はこの「留守児童」のことが最近の大きな問題だと話していました。留守児童とは両親が出稼ぎで家にいない子供のことをいいますが、長期間両親が不在な為子供の人格形成の大きな影響を与えるとして最近中国では問題となっているようです。
[PR]
by sakaijiu1 | 2008-11-22 22:49 | 農民工